定期型がん保険に賢く加入する

癌は、他の疾病と比較しても治療が長期化することが多く、また、再発の可能性もある非常に厄介な病気です。治療がいつまで続くかわからない不安と再発の不安を抱えながらの治療は精神的にも経済的にも多大な負担となります。

その負担を解消するためにがん保険への加入を検討している方も多いかと思います。しかし、一般的な生命保険と比較して、癌のみが保証される保険となると、月々の保険料支払いを考え、加入を躊躇してしまうかもしれません。そこで、定期型がん保険の特徴を抑えることで、保険料を安く抑えることを検討してみましょう。定期型がん保険は、期間満了後の更新の際に保険料がアップしていきます。

しかし、初回期間の保険料は終身型の保険料より低額です。そのため、癌が発症するリスクの高い年代やがん家系の方のみが加入するという方法を取ることで、終身型がん保険と比較して低額な保険料で、がん発症のリスクに備えることが可能です。

がん発症率の高い年代などのデータは保険会社から提供してもらうことが可能です。また、日々のニュースや厚生労働省のホームページ等から手に入れることもできます。これらの情報を元に、加入者自身や家族のガン発症のリスクを分析することで、定期型がん保険に加入する時期を見定め、低額な保険料で万が一の時の手厚い補償と安心を得ることができます。リスクの高い時期に一定期間の安心を買うという生命保険プラスαの考えで加入を検討する方は、定期型の加入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

PAGETOP